WonderPlanet DEVELOPER BLOG

ワンダープラネットの開発者ブログです。モバイルゲーム開発情報を発信。

キャラクターに込められたコンセプトやテーマについて

こんにちわ!

デザイナーの渡辺です。 

 

主にキャラクター指示書やゲーム内背景の指示書の作成及び

赤入れの制作などを行っております。

 

今回は指示書作成において超重要な部分である

「コンセプト」「テーマ」について、

実際にどのような内容で指示書を作成したかを

具体例やちょっとした裏話も兼ねてお話ししたいと思います!

 

キャラクターの指示書が出来上がる過程につきましては、

同じくデザイナー伊藤さんの記事

クラッシュフィーバーのキャラクター指示書ができるまでをぜひご覧ください!

 

コンセプトとテーマとは

伊藤さんの記事で触れていた「ユーザー様に届けたい価値・個性」にあたる部分です。

 

少し前までの指示書では、指示書の説明文にキャラの個性や価値を文言で

説明していましたが、よりクリエイター様に完成系のイメージが伝わるように

コンセプトに加えてキャラクターごとに「テーマとなる文言」をそれぞれ用意し

指示書に記載するようになりました。

 

今回は実際に私が指示書を担当した中から

「ギルガメッシュ」「ガンバンテイン」「ストレングス」

3キャラのテーマやコンセプトなどご紹介致します!

 

 

・・・「ギルガメッシュ」の場合

■R6ギルガメッシュ

f:id:wp-watanabe:20170609155634p:plain

テーマ「チェスの兵士・残虐・少年」

 

史実では神格化されたりした人物ですが、

同時にとてもわがままな暴君であったという話から

「頭が切れるが、ワガママで、子供の残虐性を持った少年」キャラクターとしました。

 

自らは武器を振るわず、チェスで戦術を練りつつ徹底して部下に攻撃を行わせる姿で

余裕のある感じを狙っています。

 

実は頭に浮かんでいる王冠は、ALICE内で相当な金額のかかるアイテムのイメージで付けてもらいました。

ギルガメッシュががんばって手に入れて、自分が偉い王様だと見せびらかすために

いつも装備しているような・・頭は切れるけど、ちょっと年相応なかわいい子供っぽい部分も覗かせているイメージです。

 

 

 

・・・「ガンバンテイン」の場合

■R5のガンバンテイン

f:id:wp-watanabe:20170609155615p:plain

テーマ「癒し・魔法少女・たまご」

 

癒し担当の女の子で、

ライトノベルに出ていそうな妹系のロリロリな魔法少女がコンセプトです。

 

ガンバンテインは、あらゆる魔法を無効化する杖という元ネタから

補助を得意とする回復系のキャラクターとし、

また、補助・防御に優れている・無効化するというイメージから

杖には綺麗なたまご(母性や保護の象徴)のモチーフを使用していただきました。

たまごは、「魔法少女のたまご」という意味合いも兼ねています。

 

R6の姿に覚醒した際、アニメの魔法少女のようにガラッと姿が変わっているのは

実はこのテーマに沿っていたからなんですね。

 

■R6でのガンバンテイン

f:id:wp-watanabe:20170609155838p:plain

ユーザー様の中でもこの「魔法少女」のテーマに気づいている方がおり、

気持ちが伝わったようでうれしくなりました。

 

 

 

・・・「ストレングス」の場合

■R6ストレングス

f:id:wp-watanabe:20170609160307p:plain

 テーマ「ゴシックビーストテイマー・ライオン・不気味な少女」

 

ストレングスはタロットカードの「剛力」が元ネタです。

タロットカードでは白いワンピースを着た女性がライオンの口を押さえて

服従させているという、どこか神秘的で謎めいた内容だったので、クラフィでは

「何を考えているのかよくわからない、ちょっと不気味な女の子ビーストテイマー」

というコンセプトで行くことにしました。

ビーストテイマーというと、大抵毛皮の獣っぽい衣装やサーカス等を思わせる

服装を思い浮かべると思いますが、クラフィではあえて世界観にあった

現代的でゴシック風のセクシーなデザインとすることで個性的な女の子になるよう

狙ってみました。

 

他にもリボン風のゴシックなアイパッチや、女の子自身にもライオンっぽい部分を

入れてもらうなど、個人的なフェチズムが全開の内容となっています・・・(笑)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

今回は「ギルガメッシュ」「ガンバンテイン」「ストレングス」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

クラッシュフィーバーでは、キャラクターのデザインに

「クラッシュフィーバーらしさ」を求められており、

できるだけありきたりだったり、見ていて退屈にならないように

デザイナー班やスタッフ一同で奮闘しております。

 

今後新しいキャラクターが出てきた時に、

何のテーマで作ったのか考えてみると面白いかもしれませんね。

 

それではお読みいただき、ありがとうございました!