WonderPlanet DEVELOPER BLOG

ワンダープラネットの開発者ブログです。モバイルゲーム開発情報を発信。

Unityのスクリプトテンプレートを変更する

本日エンジニアブログを担当する、廣田です。
今回はunityでスクリプトを新規作成した際に、テンプレートを変更する方法を紹介しようと思います。

まずはテンプレートに使用しているテキストファイルを開きます。
MacとWindowsでフォルダの場所がいます。

Mac:
 Unity.app\Contents\Resources\ScriptTemplates
Windows:
 Unityをインストールしたフォルダ\Unity\Editor\Data\Resources\ScriptTemplates

上記のフォルダの中に80〜84のテキストが存在し、これがテンプレートとして使用されています。

名称 内容
80-Javascript-NewBehaviourScript.js JavaScript用テンプレート
81-C# Script-NewBehaviourScript.cs C#用テンプレート
82-Boo Script-NewBehaviourScript.boo BooScrpt用テンプレート
83-Shader-NewShader.shader シェーダー用テンプレート
84-Compute Shader-NewComputeShader.compute コンピュートシェーダー用テンプレート

今回はC#用のテンプレートを変更してみましょう。
標準では以下のようなテキストになっています。

using UnityEngine;  
using System.Collections;  
  
public class #SCRIPTNAME# : MonoBehaviour {  
  
    // Use this for initialization  
    void Start () {  
  
    }  
  
    // Update is called once per frame  
    void Update () {  
  
    }  
}  

これを下記の様に書き換えてみました。

// ---------------------------------------------------------  
// #SCRIPTNAME#.cs  
//   
// 作成日:  
// 作成者:  
// ---------------------------------------------------------  
using UnityEngine;  
using System.Collections;  
  
public class #SCRIPTNAME# : MonoBehaviour   
{  
  
   #region 変数  
  
   #endregion  
  
   #region プロパティ  
  
   #endregion  
  
   #region メソッド  
  
    /// <summary>  
    /// 初期化処理  
    /// </summary>  
    void Awake()  
    {  
    }  
  
    /// <summary>  
    /// 更新前処理  
    /// </summary>  
    void Start ()   
    {  
      
    }  
      
    /// <summary>  
    /// 更新処理  
    /// </summary>  
    void Update ()   
    {  
    }  
  
   #endregion  
}  

テンプレートを保存した後に新規スクリプトを作成すると、書き変わったテンプレートが使用されます。
初期のテンプレートだとAwakeが無かったりするので、
Awakeを追加したり、自分でカスタマイズして使いやすくする事で効率が上がると思います。
ぜひ試してみてください。