読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WonderPlanet DEVELOPER BLOG

ワンダープラネットの開発者ブログです。モバイルゲーム開発情報を発信。

Release用ビルド設定にTestFlight SDKを含めない方法

今回エンジニアブログを担当する戸田です。
前回に引き続き、今回も「TestFlight」について書いて行きたいと思います。

今回は「TestFlight SDKを利用した際、AppleStoreへのRelease用ビルド設定に「TestFlight SDKを含めない方法を紹介します。また、この方法は他のライブラリに対しても使用することができます。

それでは、説明していきます。

早速ですが、「TesTFlight SDKの組み込みを行ったプロジェクトを用意します。今回は、「TestFilght SDKの組み込み方法は割愛させて頂きます。

それでは、まずRelease用ビルド設定から「TesTFlight SDKのリンクを外します。

※Release用ビルド設定の「Link Binary With Libraries」内に「libTestFlight.a」が設定されていない場合は不要です。

  1. 「Project navigater」を選択し、プロジェクトファイルを選択します。
  2. 「TARGETS」を選択、「Build Phases」タブを選択します。
  3. 「Link Binary With Libraries」内の「libTestFlight.a」を選択して、「-」ボタンを選択する又は、キーボードの「delete」キーから削除します

次にAdHoc用ビルド設定をRelease用ビルド設定からコピーします。

  1. 「Project navigater」を選択し、プロジェクトファイルを選択します。
  2. 「PROJECT」を選択、「Info」タブを選択します。
  3. 「Configurations」内の「+」を選択して、「Duplicate ”Release” Configuration」を選択し「AdHoc」に名称を変更します。

次にAdHoc用ビルド設定に「TesTFlight SDKのリンクを設定します。

  1. 「Project navigater」を選択し、プロジェクトファイルを選択します。
  2. 「PROJECT」を選択、「Build Setting」タブを選択します。
  3. 「Linking」の「Other Linker Flags」内にある「AdHoc」に、以下の内容を追加します。
    1. -lTestFlight :「libTestFlight.a」を追加
    2. -lz     : 「libz.dylib」を追加

最後にソースコード側で、#ifを利用してコードを分岐出来るようにマクロ定義をします。

  1. 「Project navigater」を選択し、プロジェクトファイルを選択します。
  2. 「PROJECT」を選択、「Build Setting」タブを選択します。
  3. Apple LLVM compiler x.x - Preprocessing」の「Preprocessor Macros」内にある「AdHoc」に、マクロを定義します。 マクロ定義の例:TEST_FLIGHT=1

以上で設定が完了になります。使用の際は、「Managing Schemes」の各Scheme内にある、「Archive」の「Build Configuration」の設定を切り替えて使用します。

今回の設定により、Release用のビルド設定には「TestFlight SDKが含まれず、AdHoc用のビルド設定には「TestFlight SDKが含まれるようになります。