読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WonderPlanet DEVELOPER BLOG

ワンダープラネットの開発者ブログです。モバイルゲーム開発情報を発信。

FirebaseをAndroidで使う(導入編)

Android

ブログ担当の佐藤です。

今回は Firebase というクラウドサービスの紹介と実際にAndroidに導入したお話を書かせていただきます。

 

Firebaseとは、mBaaS(Mobile Backend as a Service)というクラウドサービスの1つです。

Firebaseの特徴は、オンラインでサインアップできることとリアルタイム同期型データベースであることです。

 

これを利用してチャット機能もできるみたいです!

また、スマホアプリでプッシュ通知やAnalytics、クラッシュレポートやログイン時の認証機能なんかもできるみたいです!盛りだくさん!

 

* 導入編

Androidでの導入はとても簡単でしたw

 

1. Firebase登録をする

https://firebase.google.com/

↑こちらから登録をします。

 

f:id:wp_sato:20160906121206p:plain

Googleアカウントでログインし、上記URLを開くとこんな画面が出てくるので「GET STARTED FOR FREE」ボタンを押して登録します

 

f:id:wp_sato:20160906121514p:plain

 

2.プロジェクトの作成 

f:id:wp_sato:20160906121738p:plain

次に「新規プロジェクトを作成」ボタンを押して新規プロジェクトを作成します。

プロジェクト名を入力し国を選択するとプロジェクトが作成されます。

 

f:id:wp_sato:20160906122236p:plain

 

 プロジェクトを作成すると↑のような画面が出てきます。

今回はAndroidを選択しました。

 

3.アプリに追加

f:id:wp_sato:20160906122658p:plain

 選択するとアプリ詳細を入力するダイアログが出てくるのでパッケージ名を入力し、「アプリを追加」ボタンを押します。

ボタンを押すと、google-service.jsonのダウンロードが始まります。

 

f:id:wp_sato:20160906122920p:plain

f:id:wp_sato:20160906122944p:plain

 

その後は表示されるダイアログの指示にしたがってアプリの設定をしていきます。

説明がすごく丁寧でわかりやすい(°▽°)

 

ダイアログの指示にしたがって変更した設定ファイルがこちらです

 

firebasetest/build.gradle

buildscript {
repositories {
jcenter()
}
dependencies {
classpath 'com.android.tools.build:gradle:2.1.3'

// NOTE: Do not place your application dependencies here; they belong
// in the individual module build.gradle files
}
}

// ↓を追加
buildscript {
dependencies {
// Add this line
classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0'
}

}

allprojects {
repositories {
jcenter()
}
}

task clean(type: Delete) {
delete rootProject.buildDir
}



firebasetest/app/build.gradle

apply plugin: 'com.android.application'
android {
compileSdkVersion 24
buildToolsVersion "21.1.2"

defaultConfig {
applicationId "com.example.firebasetest"
minSdkVersion 21
targetSdkVersion 24
versionCode 1
versionName "1.0"
}
buildTypes {
release {
minifyEnabled false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
}

dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
testCompile 'junit:junit:4.12'
compile 'com.android.support:appcompat-v7:24.2.0'
}
// ↓を追加
apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

 

青字のところを追加しました。


以上でAndroidでのFirebase設定は完了です。
すごく簡単でした!

今度何かしらFirebaseの機能を使ったアプリを作ってみたいなと思います(°▽°)